高収入求人につながると言われている宅地建物取引士の資格ですが、資格取得は、同じような住宅系の資格の中でも、一級建築士などと比較すると、容易であり、受験資格もほぼないようなものですから、人気が高いです。

しかしながら、比較的に容易であり、小学生や中学生、主婦などにまで受験資格を与えているからといって、舐めていると確実に資格取得に失敗します。

ここでは、宅建合格のためのポイントについて紹介します。

カギの授受

確実に勉強時間を確保すること

容易だからといっても、専門的な知識は当然に必要になります。それは国家資格であり、大事な資産を扱う許可を得るわけですから当然ですね。

何の勉強もせずに受験をし、資格取得ができるほどに甘いものではありません。そして時間は有限のものです。最低限でも1日2時間から3時間の勉強時間は確保しましょう。

テレビを見たい欲求や遊びたい欲求を捨てること。まずは、資格取得に向けて確実に勉強時間を確保することからはじめましょう。

自分にマッチした学習方法を選択する

資格取得を決意したのであれば、自分にマッチした学習法を選択しましょう。自分ひとりでは、三日坊主になってしまうとするなら、ある程度に先行投資が必要な通信教育や専門学校を選びましょう。

お金がなく、時間もないというのであれば、独学を選択するのもよいです。学校に通わないと、本気で時間も確保しようとしないし、借金をしてでもお金を払わないと真剣に勉強できないというのであれば、専門学校などがお勧めです。

こればかりは、それぞれにメリットとデメリットがありますから、一概にこれが良いとはいえません。自分自身にマッチした学習方法を選択しましょう。宅建はそこまで甘い資格ではないのですから。