どんなに高収入求人につながるといわれても、どのくらいのリターンがあるのかわからなければ、労力を使って資格取得をする必要性は感じないものです。

宅地建物取引士の資格は、リターンが多く、間口の広い資格であるため、非常に人気の国家資格です。しかしながら、実際にはどのくらいにリターンがある資格なのでしょうか。

宅建の資格手当てはどのくらい?

宅建の資格を有して、建築業界や不動産業界。さらには金融業界などで、実際にどのくらいの資格手当てが受けることができるのか。

それを知っていると資格取得に向けて、前向きになれますよね。実際に大手の住宅メーカーなどであれば、月額で5万円の収入アップが期待できるとされています。

不動産業界では、必須資格とも言われているため、ちょっと低くなり、月額で2万円から3万円といわれています。金融業界であれば、本業ではないということもあり、3000円から2万円前後です。

それだけかと思われる方もいるでしょうが、逆に不動産業界などであれば、取得して当たり前と思われる資格ですから、取得していないと「仕事ができない人」というレッテルを貼られる可能性があります。

昇進条件に設定している会社も多い

資格手当ては前述にあるとおりですから、ぶっちゃけて、そこまで期待したほどではない思うかもしれません。しかしながら、宅建を昇進の条件に設定している会社も少なくないのです。

つまり、資格手当て分にプラスして、管理職などに昇進すれば、当然に給料は大幅にアップしますよね。ダブルで収入が上がるということです。

学歴はもはや重要視される時代ではなく、有している知識やスキルを確実に分かる「資格」が重要視されている時代ですから、高収入求人につながるのはいうまでもありません。