宅地建物取引士の資格が、どうして高収入求人につながるといわれ、毎年20万人もの人間が受験をしているのでしょうか。ちょっと調べてみたら、資格手当ても5000円から高いところでも5万円のみ。

そこまで高収入求人にはつながらないのではないかと不安に思われる方も多いことでしょう。ここでは宅建の魅力について紹介します。

屋内で打ち合わせをする男女

業務独占資格である

人間が生きていく上で必要だといわれているのが、衣食住。この「住」の部分に大きくかかわっているのが、宅地建物取引士です。

宅地建物取引士の資格を有しているということは、業務独占ができる資格を有しているということになります。だからこそ、もっていない人間と比較しても、評価されますし、高収入求人につながっていくわけです。

借主や買主に対して行っていく重要事項の説明や記名や捺印というのは、宅地建物取引士にのみ許された独占業務になります。

不動産に関しての知識を有していない場合、これらの業務を他人が行うことは決してできないわけですから、取得しておいて損はないのです。

宅建が活躍できるフィールド

不動産を売りたいと思っている方。逆に購入したいと思っている方。更に借りたい、貸したい方の間に入って取引を円滑に進めていく、いわゆる代理業務や仲介業務。

媒介業務といったものを一手に担うことができるのが宅建士です。更に自らが取得した土地や住宅などを販売したりする際にも宅建士の資格が必要になりますから、不動産投資をしたいという場合にも非常に役に立ってくるのです。

不動産業を開業する場合も、5名に1名の割合で宅建士が必要というルールがあるため、小規模だろうと、必ず必要になってくる資格になるのです。

このように宅建士が活躍できるフィールドは豊富に用意されているのです。